ミニチュア

底地だって貴重な財産

黄色い家

底地の「権利」は、「土地の所有者」が、第三者に土地を貸し、その土地代の収入を得る権利です。土地を借りた人はその土地に建物を建てて住むなど転貸ししたりすることも可能です。注意しなくてはならないのが、地主はその土地を借りて借用人が住んでいる限り、借地権者を無視してその土地を利用することはできません。このように地主と借地人の両方の権利が存在するため、融通の利かない複雑な権利関係の土地と言われています。
また、底地はアパート等の投資不動産に比べると、収益性が低く、価値の低い不良資産ともいわれています。駐車場を運営するよりも乏しい収益性です。では底地のメリットはどこにあるのでしょう。プラスマイナスには様々な条件で差が生じますが、メリットの一つに、安定した土地代の収入を得ることが出来ます。また、土地を所有するにあたって更地だとメンテナンスに費用がかかりますが、貸していることでその費用がかかりません。
借地権者さんから、借地権の売却や借り続ける契約更新代金等の収入が入ることもあります。その他にも、土地を所有している場合、更地にしておくよりも、家屋が建つことで固定資産税が安くなるというメリットがあります。もちろん建物にかかる固定資産税の負担は所有している人に義務が発生しますので、固定資産税がグッと軽くなります。デメリットが多いように思われがちな″底地″ですが、条件次第で貴重な財産となるでしょう。

低地の売却に際して気を付けるべきこと

虹色

低地という土地をご存じでしょうか。読んで字のごとく、標高200m以下の低い平野の事を指します。自分が持っている土地に当てはまる方もいるのではないでしょうか。これから土地売却の…

MORE

底地さんあなたの土地はこちら

家

地主さんはたくさん土地を所有していますね。その地主さんが土地余っているから使っていいよ。家も建てていいから。とします。そうするとある契約が発生します。1つ目は、元々、地主さん…

MORE

底地だって貴重な財産

黄色い家

底地の「権利」は、「土地の所有者」が、第三者に土地を貸し、その土地代の収入を得る権利です。土地を借りた人はその土地に建物を建てて住むなど転貸ししたりすることも可能です。注意し…

MORE

底地を理解して不動産を有効に活用しよう

手のひらサイズ

借地に関する権利をきちんと行使するには、底地の知識を把握することが大切です。賃料がかかるときは所有者へあらかじめ許可を得ることが必要となるため、借地の管理状態を知る術が大事で…

MORE

UPDATE CONTENTS


TOP

Copyright © 2017 底地と賃貸契約との関係とは!?売却に際して気を付けるべきこととは All Rights Reserved.