ミニチュア

低地の売却に際して気を付けるべきこと

虹色

低地という土地をご存じでしょうか。読んで字のごとく、標高200m以下の低い平野の事を指します。自分が持っている土地に当てはまる方もいるのではないでしょうか。これから土地売却の際に頭に入れておきたい低地と売却時の注意点について説明します。
先ほども述べたように、低地とは低い土地のことを言い、地震や洪水に弱く家を建てるには不向きな土地のことを言います。しかし、実は用水や交通などの便利さから、日本の大都市は低地に発展しています。近年低地を売却したいと考えている人が増加傾向にありますが、町が発展しやすい低地では、その土地に建物が建っていることが多いです。
何が問題になるのかというと、自分が貸している土地に他者の建物がある場合、固定資産税に関しては建物の所有者が支払いをするきまりになっています。土地そのものの名義人と名乗れば、土地の固定資産税も発生します。低地であっても首都圏であれば土地の価値は相当なものです。そのため、貰う土地代よりも払う固定資産税が高くなってしまう可能性があるのです。
これは確実に損だ、と思えば売却に出る方も多いと思います。実は地主は建物の保有者に許可を得なくとも売却できてしまいます。しかし、それではモラルに反するので、借地権の所有者としっかり話し合い、わだかまり無く土地の売却を進めることをお勧めします。

低地の売却に際して気を付けるべきこと

虹色

低地という土地をご存じでしょうか。読んで字のごとく、標高200m以下の低い平野の事を指します。自分が持っている土地に当てはまる方もいるのではないでしょうか。これから土地売却の…

MORE

底地さんあなたの土地はこちら

家

地主さんはたくさん土地を所有していますね。その地主さんが土地余っているから使っていいよ。家も建てていいから。とします。そうするとある契約が発生します。1つ目は、元々、地主さん…

MORE

底地だって貴重な財産

黄色い家

底地の「権利」は、「土地の所有者」が、第三者に土地を貸し、その土地代の収入を得る権利です。土地を借りた人はその土地に建物を建てて住むなど転貸ししたりすることも可能です。注意し…

MORE

底地を理解して不動産を有効に活用しよう

手のひらサイズ

借地に関する権利をきちんと行使するには、底地の知識を把握することが大切です。賃料がかかるときは所有者へあらかじめ許可を得ることが必要となるため、借地の管理状態を知る術が大事で…

MORE

UPDATE CONTENTS


TOP

Copyright © 2017 底地と賃貸契約との関係とは!?売却に際して気を付けるべきこととは All Rights Reserved.