ミニチュア

底地さんあなたの土地はこちら

家

地主さんはたくさん土地を所有していますね。その地主さんが土地余っているから使っていいよ。家も建てていいから。とします。そうするとある契約が発生します。1つ目は、元々、地主さんの土地であるわけですから、その土地の権利。これが、底地権というのでよく底地と言われるものです。
そして、2つ目が、地主さんから土地を借りた状態で、そこに家を建てる権利。借地権が発生します。契約がこのまま問題なく継続されれば何も起きませんが、たとえば、地主さんがその土地使いたいから返してもらいと言っても、当然家はすぐに壊せませんよね。つまり借地している側がその土地を利用しているため、地主さんの思い通りに事が進まなくなるわけです。これが現在、日本中いろいろなところで問題視されています。
たとえば、借地権を所有する側の方が家を売りたい。つまり借地権を地主さん側に承諾してもらわなければならない。しかし、地主さんが全く対応してくれない。承諾してくれない。つまり、引っ越すことができないというトラブルが発生していることもあるようです。できることなら今後は、土地の権利というのは、複数発生するのではなく、単純管理で行ってもらいたいものですね。

低地の売却に際して気を付けるべきこと

虹色

低地という土地をご存じでしょうか。読んで字のごとく、標高200m以下の低い平野の事を指します。自分が持っている土地に当てはまる方もいるのではないでしょうか。これから土地売却の…

MORE

底地さんあなたの土地はこちら

家

地主さんはたくさん土地を所有していますね。その地主さんが土地余っているから使っていいよ。家も建てていいから。とします。そうするとある契約が発生します。1つ目は、元々、地主さん…

MORE

底地だって貴重な財産

黄色い家

底地の「権利」は、「土地の所有者」が、第三者に土地を貸し、その土地代の収入を得る権利です。土地を借りた人はその土地に建物を建てて住むなど転貸ししたりすることも可能です。注意し…

MORE

底地を理解して不動産を有効に活用しよう

手のひらサイズ

借地に関する権利をきちんと行使するには、底地の知識を把握することが大切です。賃料がかかるときは所有者へあらかじめ許可を得ることが必要となるため、借地の管理状態を知る術が大事で…

MORE

UPDATE CONTENTS


TOP

Copyright © 2017 底地と賃貸契約との関係とは!?売却に際して気を付けるべきこととは All Rights Reserved.